2006年02月27日

繋ぐ

ご無沙汰しておりました、杏子ネェサンです。

実はパソコン買い換えました。
5年ローンです(爆)
その間、壊れずにもってくれよぉと願います・・・。


私はこういうパソコン設定とか、大嫌いなのよね。
出来ない訳じゃなけど、苦手なの。
でも、やったら出来るんだけどね(笑)



この前、友達と話していたときに
「一番どきどきしたことって何?」
という話になったのね。

この場合、男性との・・・のことなんだけど(笑)


私は「初めて手を繋いだとき」なのよーーー♪

え?カマトト?
らくしない??


・・・・だって、本当なんだもん!!


あれは、初めてのおデートのとき。
隣をちょこちょこ歩いていたんだけど、どっちかというと歩くのがトロイ私。

気を抜けば、すぐに2歩くらい遅れて歩いてしまう。
セッセ、セッセと着いていってたんだけど

その時、人ごみに入って行ったのね。

すると彼が私の方をチラリと振り返り
手を差し出してくれた。


「繋ごうか?」

という感じで。


おわーーーー、嬉しいーーーー!!!

っていそいそと自分の手を彼の手にのっけたわよ(笑)


その後、彼が私の手を握って、自分のポケットに一緒にさりげに入れてくれた。
寒い冬だったからね。


もーーーー


ドキドキドキドキ!!!



その瞬間に、この人に抱かれてみたい♪
なんて思った。


なぁんて、今日はちょっと可愛い杏子ネェサンのお話でした(笑)









posted by 上月杏子 at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | デート論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

セックスのときの激しいキス

杏子ネェサンです♪

今回は杏子ネェサンの記憶に残るセックスの中のひとつのお話をば・・・(照)


記憶に残るセックスと言えば、いくつかあるんだけど
(そのうち全部暴露します〜)

不思議と気持ちよかったーー!という身体の面でのセックスって
覚えてないのよね・・・。

ココロが満たされたーーって言うセックスを覚えているのよ。



その日、とっても悲しいことがあってね
彼が逢いに来てくれて。

でも、あまりに悲しくて愚痴にもならずに
あまり話しもしなくて、ただションボリうつむいていたって感じだった。


ベットに入ったとき、彼が私を抱いてきたのね。
あんまりその気になれなかったんだけど
ココロが寂しくて、身体で埋めて欲しい欲求があって
それで身体をゆだねたの。


その日の彼のキスも愛撫も、すごく優しくて
まるで壊れ物を扱うように、そーっとそーーっとスローな動きで
私の身体をくまなく触ってくれた。

そのときの気持ちって
赤ちゃんがきっとお母さんに優しくあやされて、安心感を持っているような
そんな感じだったなー。


そしてひとつになってしばらくしたとき
彼が私の顔の上に自分の顔を近づけてきたなと思ったら

グイッと頭を引き寄せて
それまでとはうって変わった激しいキスをしてきたのよ。


「あ、私、愛されてる」

そう感じた瞬間だったなぁ。


「杏子ネェサン、まだまだだなー。単純だよ」
って声が聞こえてきそうだけど(笑)

そういうのってお互いの間にならないと分からないものよん♪



セックスのある瞬間、相手のココロ、感情がぶわっ!と
流れ込んでくることがある。


私を卑下して抱いた男は、その気持ちが伝わってきたし
泣きたいくらい愛してくれた男は、その気持ちが伝わってきた。


「受け入れる」側の女に備えられた本能だと思うわ、この感覚。



その一瞬の激しいキスで、
私はこの男なら信じれる、ずっと一緒にいたい
と本気で思ったわね。


女を性の捌け口にしか思ってない男が
女と長続きしないのは

ちゃぁんと見破られているからよ。



性コンプレックスを強く持っている男も
そういう気持ちの小ささが伝わって
逆に女を不安にさせてるってこと、早く気付いて欲しいなー。



posted by 上月杏子 at 14:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 女ゴコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

抱かれたいと欲するとき

女性にも性欲はある。

杏子サンの場合は、排卵日周辺、生理前にすごく「シタイ」と思うことがある。
なんか本能みたいに、欲するという感じ?


でも、そんな本能とかじゃなくて
抱かれたいと欲するときがある。


愛してるの気持ちが、ココロから溢れてこぼれ出すとき。


そんなときは、身体からココロに手を入れて掴んで欲しいと思うような
感情になる。

セックスを「ひとつになる」と表現することがあるけど
まさに「ひとつになりたい」の欲求でイッパイになる。


私のココロを身体から受け取って欲しいような
身体を愛することで、ココロもさらに愛されたいというか。



男性にもそんな感情ってあるでしょ?

そんなときはね、女は身体を通じてあなたの感情を受け取ってる。
分かるんだもんね。

キスの仕方や愛撫の仕方で
ココロが流れ込んでくるような感じが。



その瞬間が一番幸福感を感じるときね。

イク瞬間よりも、もっともっと、身体とココロの奥深くから幸福感を感じる。



そんな至福の瞬間に
あなたの持ってるモノがどうとか
早いだとか
そんなこと考えてる余裕なんてないわよ(笑)


ただ、その至福の時間を堪能してるって感じだもん。



セックスでそういう感情までをも受け取ったと感じたとき
杏子サン、泣いちゃったことがある。

嬉しくて、幸せで。


そんなセックス、愛している女性となら味わいたいって思うしょ?
きっと、同じよね。


posted by 上月杏子 at 20:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 女ゴコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

以外と大きく見えるもんよ

私の元パートナーがよく言ってた。

「小さい、小さい」って。


なんかよく分からないけど、あんまりよく聞いてたもんで
「そーかー。これは小さいんやー」
と私も思うようになってしまった・・・。


元パートナーは、ちょっとガッチリ体型で
お腹が出てた。

お腹が出てる人って、上からは見えにくいと思うし
鏡で見てもお腹の下で邪魔になって小さく見えると思う。


だいたいね、自分のもの見るときって
上から見るか、鏡に写して見るくらいよね。

自分の目線で見ることってないよね。
(見てたら怖い(笑))


でも、こっちは目線で見ることが多いのよ。
ホラ・・・ナニの時に(笑)

その時って目の前にソレがあるわけだから
以外に大きく見えるものなのよ。



自分で言わなきゃ、相手はそれほど意識してないって思う。

ソレの大小を気にして付き合う女性って、まれじゃないかなぁ。
ほとんどいないんじゃない?



私が今付き合っている人のね、一回興味本位で定規で測ったことがある(笑)
だけど、何センチだったかなんてもう覚えてないし
そのセンチが大きいのか小さいのか、微妙に分からない。

ただ、大きいんだなーーと思うようになったのは
この彼は「大きい」と自分で言ってるからなのね〜。


前のパートナーは「小さい」と言ったので、「小さい」と思い込み
今のパートナーは「大きい」と言ったので、「大きい」と思い込んでいる・・・
って感じ。

そんなもんじゃないかなー。


もし「小さい」と自分で思っている人がいたら
「以外と大きく見えるもんよ」
と言いたいわね。

それに、それが大きいか小さいかなんてこっちは思うほど分かってないしね。


そりゃ、馬みたいな人だったら杏子サンでも分かるだろうけど(笑)


堂々として臨んで欲しいって思う。

過去数人経験がある女性だって、過去の男性の代物なんてあまり覚えてないわよ。


見たものは忘れてる(笑)

でも、身体で感じていた感触はなんとなーーくは覚えてる。
って、気持ちよくさせてくれたか否かってことくらいだけどね。


セックスってソレだけじゃない。

彼女を想う気持ち+彼女を気持ちよくさせてあげたい気持ち=セックスの行動
になると思うから、自分のことばっか考えてセックスする男性は

自分を想ってくれてるのかな
という気持ちすら疑われてしまう。


セックスで愛されていると感じる瞬間ってあるのよね。

ここんとこ、また書いてみたいけど♪



posted by 上月杏子 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 杏子流セックス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

「よかった?」と聞く男

セックスが終わったあとに
「よかった?」
と聞く男がいる。

元パートナーも時々聞くタイプだった。


「よかった?」と聞く男には2つのタイプがあると思う。

1つめは、私の元パートナーのように自信がなく、
「よかったよ」と言われることで、安心し自信をつけるタイプ。

2つめは、自分のモノに自信満々で「よかっただろ?」という
ニュアンスで聞くタイプ。



杏子サン的には、2のタイプはなんか非常に不愉快なのだ。
こういうヤツには、あえて
「べつにぃ〜」
と言ってやりたい(笑)


たぶん、自分もコンプレックスを持ってるから
1のタイプの方が気持ちが分かるからだと思うけど・・・ははたらーっ(汗)



でも、どっちにしろ「よかった?」とは聞かない方がいい。


そんなこと聞かなくても
終わった後の彼女を見れば分かるでしょ?


私の場合、全身から力が抜け落ちたようになって
目がトロ〜ンとなってるかも知れない(笑)
すっごく気持ちいい睡魔に襲われることもあるしなぁ。


終わった後にね、
まるで義務を果たしたかのように、サッサとベットを離れる男がいる。

こいつはよくないっ!


どんなに気持ちのいいセックスをしたって
後がそんなだと、急激に気持ちが冷めるってもんです。

女性は前戯もだけど、後戯もすごく大事。

後戯って、前戯みたいに触ったりなんだったり・・・・
じゃなくて、腕枕だとか、髪を撫でられるだとか
そういうとこ、すっごいポイント高いんだからね〜〜!←マジ、重要!!


最近キスから始まるセックスがないって
よく友達とかと言ってるけど

キスで始まり、キスで終わるセックスってオーソドックスみたいだけど
重要だよなぁって思うわけ。



あなたは、どぉ?




posted by 上月杏子 at 18:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 女ゴコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

最後はバイブ!?

私の元夫は短小・包茎・早漏だった・・・
というのは初めに書いたんだけど・・・

その彼がある日、突然変なプレイをしたがるようになったのね。

たぶん、私を満足させられない
つまり私がイク前にイッてしまうので、変化をつけて
自分なりにどうにかしようとしたと思うんだけど・・・


杏子サン、実はちょっとでした。


というのは、彼に「愛情からするセックス」ではなく
「自分を男にしてくれセックス」みたいなものを
すっごく感じたからなんですね。

私はその時はまだ彼のことを好きだったと思います。
えぇ、たぶん・・・。


なので、彼のために協力してあげないと!っていう気持ちで応じていました。


その彼が持ってきたもの・・・
それがバイブだったのです。

それも・・・私ではなく、自分に当てるんですよ。


特殊な振動で、自分のモノが元気ハツラツ!になると思ったんでしょうね。
まぁ、1回目はいけました。
でも、2回目からは半立ちって言うのかな、そんな感じで。


その頃には、もう彼は中折れって言うの?
始めは立ってるんだけど、途中から萎えるんですよね。


だから、興奮を持続させようと変なプレイを要求してきたんだと思います。



それがね・・・
ネクタイ持って来て、自分を縛れだとか
タオル持って来て、目隠ししてくれだとか。


で、必死に・・・
もう必死に私にもあれこれしてくれるんだけど
彼自身が萎えてるので、私もノレない。


一応濡れてくるけどね。

そうしたら、彼は最後にバイブを出して
「これでイッて」
って・・・。



イケなかったのよ。
全然よくなかったのよ!

これ、たぶん気持ちが萎えてるからなんでしょうね。



お陰で私は今でもバイブはしたくない。
あの音聞くと、トラウマみたいになったそのことを思い出してしまう。




そんなときは、中断してしまったらいいと思う。
腕枕なんてして、2人の思い出話なんてして
彼女がムードに酔うような・・・

でも、手は彼女の全身をくまなく触ってあげればいい。
気持ちから身体が反応しやすくなるんだから。


もしそれでも、自分が回復しなかったら?


その時は、もう自分はいいじゃない。
彼女を優しくイカせてあげることに専念すればいい。

自分としては納得いかないかもしれないけど
焦って目の前で、立たせようとしてる姿って見てるほうもツライ。


「私にはもう魅力、ないのかなぁ」
なんて思ってきちゃうしね。


間違っても最後はバイブ、なんてことしないでね。
終わった後の焦燥感は、なんとも言えず寂しくてツライ。


使ってもいいけど、上手に彼女をその気にさせてあげてね。

最後はあなたの指でも口でも、あなたがいいのよ。ほんとはね・・・。






posted by 上月杏子 at 03:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 杏子流セックス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

デカけりゃいいってもんじゃない。

女性が胸の大きさを気にする以上に、男性ってナニの大きさって気にするもんなの?

まぁ、私もでっかいおっぱいに憧れる一人なんだけど(笑)
でも、これって胸が膨らみはじめる頃から回りの心無い男子共に植えつけられた
「トラウマ」

大きなおっぱい=気持ちいいセックス
って誰が決めたわけ?
それって要は視覚の問題でしょ?あと、手触り?

でも、胸が隠れるような服ばかり着てたわねー、以前は。
性コンプレックスってかなり重症になるよね。


女性の胸はセックスに直接影響しないけど
男性の小さいって少なからずとも影響するから、余計に深刻になるんだろうなーって思う。


で、じゃ小さいと女性はイクことは出来ないのか
ってことなんだけど、勃起して親指くらいしかないって言うなら
それはもうなんとも言えないけど

杏子サンはイキましたよ。



ちゃぁんと「ある法則」にのっとってくれた場合ね。



でもね、デカけりゃいいってもんでもないし
セックスの時間が長けりゃいいってもんでもない。

女性に面と向かってこんなこと聞いた人も少ないでしょう?
私たち女性同士でそんな話って結構することあるけど
大半はそう言うよ。


友達の中ではデカすぎて、痛いだけだったって子もいるし
時間が長いのはだんだん正気に戻ってくるし、だんだん痛くなるからヤダ
って子も多い。

デカい、時間が長い、たいていこういうタイプって自信満々で
ひとりよがりのセックスする人が多いのね。
プラスアルファが足りない。


こういう自慢する男って最低って思う。

「俺ってデカいだろ?気持ちいいだろ?」
って聞くヤツと付き合ってた友達が言ってた。

「それって、今までデカいから気持ちよかったーって女に言われてたんじゃないか
って思うとムカムカするわ」
って。


どぉ?

この心理って分からない?
逆に女性が
「私ってよく締まるし、胸も大きいから気持ちいいでしょ?」
って言ったとしたら・・・

同じように思わない?


自分達のセックスに別の異性の影が見えるなんて、
言語道断だと思うわけよ。

そこから自分を見えない相手と比較して、どんどん楽しめなくなってくる。



杏子サンは、一生共にしたいと思う男性とは、セックスによって
ココロをいき交わしたいな〜〜。
まぁ、行きずりでセックスするならデカくて、長くて、テクもあるのがいいけど(笑)
・・・それはあなたも同じでしょ?


着ている物を全部脱いで
裸になるセックスだからこそ
隠せないことがあるって思う。

そこで相手を思いやれるか、どうか、って思わない?



モテる男はここが上手いのよね。
表面ばっかりのヤツも多いけどね。



posted by 上月杏子 at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 杏子流セックス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤリ方が分からない?

セックスに「ヤリ方」なんてものは、基本的には「ない!」と思っている。

お互いが気持ちいいと思える方法を、「一緒に」作ればいいんじゃないかなぁ。

性感帯だって、人が変われば場所も変わるもんじゃない?
ずっと同じ方法で、なんて誰がつまらないかって
自分が一番つまらないって思うなー。


短小・包茎・早漏を併せ持っていた彼は
それがあまりにもひどいコンプレックスとなったために
彼女とセックスをするのが、すごく怖かったらしくて

欲望を満たすのは、もっぱら風俗だったらしいのね。


相手はお金を払ってくれるお客さん。
どんなものを持ってても、絶対文句言わないし、
優しくこちらの要求を満たしてくれるもんだから
そっちのほうが気分的にすごく楽だったみたい。


後から聞いたら、私以外に素人さんとシタのは
1人だけだって・・・私と逢ったのはもう彼が30になろうかと言うときだから
そのコンプレックスのすざまじさが分かるよね。


「お金がないときはどうしてたの?」
と聞くと
「・・・自分でビデオを見て・・・」

やっぱし。



彼のヤリ方は、ビデオの男優さんのマネしてるんだなーって思うことがよくあった。

それに手順がいつも一緒。


「俺、風俗行ってたからか、してもらう方がいいんだ」
って。



あのね、モノに自信がないなら、ないなりに磨けるものってあるじゃない?
それが「テクニック」だと思うのよね。
テクニックといっても、技だけじゃない。

AVみたいにややこし〜〜〜い技なんて別にいらないの。


一番大切なのは「ココロ」

コンプレックスが強すぎると、ここのとこを忘れちゃうのかなぁ。







posted by 上月杏子 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 杏子流セックス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

杏子の法則が生まれたワケ

 はじめまして♪
 上月杏子(こうづききょうこ)です(*^_^*)

 初めてなので、私の自己紹介を兼ねて
 なぜ私がこのようなブログを開設しようと思ったのかを
 お話させていただきたいと思います。




 私は24歳になってすぐに結婚しました。
 相手は7歳年上の同じ会社に勤める、将来有望な人でした。

 彼は身体が大きく、ゆったりとした温かいイメージの人で
 私をとても愛してくれていて、ぜひに私と結婚したいと
 熱望してくれたのです。


 彼とは10年間、共に夫婦として暮らしました。
 幸せでした。


 ・・・半年間は。



 それ以外は、幸せだと思うよりも
 「これが結婚するということなのか」
 と、女としてとても寂しいものになっていました。


 10年間の結婚生活の中で、2人の子宝にも恵まれました。


 が、彼はひどい性コンプレックスの持ち主だったのです。
 今から思えば、付き合っているときから
 その傾向はあったのですが、私は全然気が付きませんでした。


 彼は、男性が最も気にするという性のコンプレックス・・・

 「短小、仮性包茎、早漏」の悩みをずっと抱えていたのです。
 そして、それが加速し、ついにはED(勃起機能低下)になってしまったの
 です。



 離婚の原因のトップは「性格の不一致」と言われますが
 「性の不一致」であると言われてもいます。

 私は、これを単なる「身体の相性の問題」だとは思えません。



 今になって
 彼の苦悩は私では計り知れないものがあったのだと知りました。

 そして、私は
 一緒に悩み、苦しみ、解決に導くことが出来なかったことを
 本当に残念に思うようになったのです。



 彼の離婚に向かっていく、様々な原因となったことの大半は
 この【性コンプレックス】が原因であったと
 今なら分かるからです。




 そんな経験からの思いを、
 今なら分かることを

 こうして発信することで、同じ悩みを持つ方の
 少しのお役にでも立つことが出来ればと思います。



 今、私は心も身体も満たされています。
 そうして気付いたこともたくさんあります。

 それらすべてを、赤裸々にですが
 こうして「杏子の法則」として、お話していきます。



 【性コンプレックス】は必ず克服できます。
 そして、克服することで女性を心身ともに満足させることが出来ます!



 どうぞ、あなたと
 あなたのパートナーが幸せになれますように。



                          by 杏子
posted by 上月杏子 at 03:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。