2007年01月10日

彼女を温泉に誘うテク

 この前、夜中にTVを見ていたら
 デートのときの音楽のセレクトの仕方をモテる芸能人が
 教えつつ、一緒にデートコースを回り教えていくというような内容
 だったのですが・・・


 は〜〜〜〜〜〜。


 男性って色々考えてくれてるのねぇと思いましたね。


 こういう時はこういう音楽、なぜかというと・・・
 というような感じで、自分でセレクトしたミュージックCDを
 かけていくのですが・・・


 杏子が思うのは

 女性の好みばかり考えなくていいと思います。

 自分の好きな音楽の中からじっくり選べばいいんじゃないかな。


 杏子は、自分の好きなとっておきCDを
 ずーーーっとかけてるのもいいと思います。

 ・・・というのも、女性は感覚的なことを記憶する能力が長けているので
 あなたと過ごした時間、同じ音楽が何度もかかることで

 その音楽=あなたとの時間

 と記憶しちゃうんですよね。



 杏子はそれで、後からそのCDのタイトルを聞いて買いに行きましたもん。




 あ、そうそう、この番組の中で

 「ウマイッ!!」

 と思ったのがあるんですよ。

 彼女と「足湯」が出来るところに行って
 一緒に足を温泉につけながら

 「気持ちいいね〜!」
 「うん、気持ちいいね〜」

 という会話が自然とされると思うんですが

 その時、

 「今度さ〜、一緒に温泉いかない?」

 と言うと、

 「うん、いいね〜!」

 と割りとアッサリOKされるとか。



 あはは〜、これうまいわ。

 と思いました。



 モテないクンは初めから温泉に誘って下心が見えてアウトになりやすいけど
 こうして、ワンクッション置くことで自然になりますよね。


 このときのポイントは自然に!
 そして、堂々と。


 コンプレックスを持っている人は、なぜか
 「断られて当たり前」
 と思いながら口にしていたりするんですが

 これって、目が泳いでいたり、言葉の言い方が妙に変だったりしますから
 その空気が伝わっちゃうんですよね。


 明るく、さわやかに、堂々と。



 熟年元ホストは笑顔で
 「○○ちゃんとエッチ、やっちゃおうかな〜」
 と、女の子の手をとって、そのまま手を繋いでベットルームに
 行っちゃうとか・・・(笑)

 逃げられたことはないようです。

 いやに明るく、堂々とされると断るタイミングを逃すのかも(笑)




 杏子は、あなたに


 ”今年は自分をもっと好きになってもらいたい”

 と思っています。


 自分を好きな人というのは、男性も女性も輝いていますから♪





                          by 杏子


posted by 上月杏子 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デート論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

繋ぐ

ご無沙汰しておりました、杏子ネェサンです。

実はパソコン買い換えました。
5年ローンです(爆)
その間、壊れずにもってくれよぉと願います・・・。


私はこういうパソコン設定とか、大嫌いなのよね。
出来ない訳じゃなけど、苦手なの。
でも、やったら出来るんだけどね(笑)



この前、友達と話していたときに
「一番どきどきしたことって何?」
という話になったのね。

この場合、男性との・・・のことなんだけど(笑)


私は「初めて手を繋いだとき」なのよーーー♪

え?カマトト?
らくしない??


・・・・だって、本当なんだもん!!


あれは、初めてのおデートのとき。
隣をちょこちょこ歩いていたんだけど、どっちかというと歩くのがトロイ私。

気を抜けば、すぐに2歩くらい遅れて歩いてしまう。
セッセ、セッセと着いていってたんだけど

その時、人ごみに入って行ったのね。

すると彼が私の方をチラリと振り返り
手を差し出してくれた。


「繋ごうか?」

という感じで。


おわーーーー、嬉しいーーーー!!!

っていそいそと自分の手を彼の手にのっけたわよ(笑)


その後、彼が私の手を握って、自分のポケットに一緒にさりげに入れてくれた。
寒い冬だったからね。


もーーーー


ドキドキドキドキ!!!



その瞬間に、この人に抱かれてみたい♪
なんて思った。


なぁんて、今日はちょっと可愛い杏子ネェサンのお話でした(笑)









posted by 上月杏子 at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | デート論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。