2007年03月09日

Hで女を満足させられない男の5つの共通点

 男性は次の3つを手に入れたときに

 心から満足するそうですが・・・



 1.やりがいがあり、認められる仕事
 2.守るべきもの
 3.セックス


 全部、本能に繋がっているような気がしますね。



 どれも「自分の持つ力(能力)」を見せしめたいという部分が
 根底にあるような気がします。

 なので、自分にその力(能力)がない、と思い込むと
 男性としてのパワーが著しく落ちてしまい


 「なんだか、俺の人生ってたいしたことないぞ・・・」

 みたいになっちゃうのでしょうか。


 人が持つ力(能力)なんて、全員同じじゃないんですけどね。



 こうして見てみると、女性の存在が男性に与えるものって
 意外に大きいのですね。


 

 でも、女性から見たら、今溢れているセックス情報の8割は
 デタラメだって思うんです。

 セックスノウハウは、相手がいて、その相手とのセックスを
 もっと満足のいくものにしようと、2人で作り上げていくものだと
 思いますし。

 相手が変わると、身体も心も変わります。


 100人の女性にパーフェクトに通用するノウハウなんて
 ない!
と思うわけです。


 杏子の友人、熟年元ホストが言っていた
 「色々な女性とセックスすると、
 男としてセックスに自信が持てるようになる」
 という言葉は、


 キチンと相手の女性と向き合った男性が
 「セックスに自信が持てるようになる」
 ということなんだと思うんですよね。




 どーもここの辺り、誤解している男性が多いっ!!



 で、ぜひこの無料レポートを読んでいただきたいのです。

   ↓    ↓    ↓

 「Hで女を満足させられない男の5つの共通点」
 http://www.1yorokobi.com/mail-maga/5kyoutsuu3.html



 このレポートの作者は若い時分、ディスコで遊び呆け
 ホストクラブで生計をたてていた時期もあったそうです。


 しかしその時の経験を生かして、


 ● 自分の愛する女性をどうしたらもっと喜ばせられるだろうか。
 ● どうしたらマンネリな関係から脱することが出来るのか?
 ● どうしたら最高のSEXを味あわせることが出来るのか。
 ● 相手を自分無しでは生きていけない体に改造してしまうにはどうすれば。


 ということをまとめたのが、この無料レポートです。



 「Hで女性を満足させるためには」ということより

 「これをやったらアウトだよ!」ということを覚えておくほうが
 早いです。


 だって、それをしなきゃいいんですから。


 杏子も読みましたが、女の杏子が
 「そうだよ、そうだよ〜。それ、もっと言ってやって〜!」
 と思った内容です(笑)



 その5つの共通点とは・・・。


 「Hで女を満足させられない男の5つの共通点」
 http://www.1yorokobi.com/mail-maga/5kyoutsuu3.html





 もしかしたら、あなたもこの5つのうちのいくつかに当てはまっているかも
 知れません・・・(汗)

 それくらい、この5つは女性から見て

 「こういうヤツいるよね・・・」

 という共通点なのです。



 女性をHで満足させるには、そんなに難しいことじゃないかも

 と思うのは、杏子が女だからでしょうか?






                          by 杏子



 【杏子ネェサンのつぶやき】


 ほんとになんで今はこんなにセックスの情報が溢れてて


 しかも、8割はデタラメだ〜〜!
 と思うような・・・。



 思春期の女の子が読むような雑誌にも、エロい漫画。
 だいたいなんで15,6の経験の浅い高校生の女の子が

 「いくぅ〜〜〜!」
 なんだ?(謎)


 これでまた、高校生くらいの女の子が
 「私ってイカない。。。おかしいのかな?」
 と悩むことになるんだろーな、と思う今日この頃。


posted by 上月杏子 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めノウハウ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ナニがついてるだけで幸せ

 うちの猫、オスなんですが去勢したんです。


 タマタマがありません・・・。
 杏子は結構あのころころ♪とした感触が好きでよく触ってたんですが(爆)


 我が家に来た友人が猫を抱っこしながら

 「かわいそうにぃ〜〜、もうお前は人生の楽しみの80%を失ったのかぁ」

 と・・・( ̄▽ ̄;


 Hってそんなに人生における楽しみの%が高いのか?

 と思いましたが・・・。



 そういや昔飼っていた猫が去勢したときも、杏子の父親がいたく気の毒がって
 たな〜〜〜。




 話が飛ぶようですが、病院に勤める友人が乳がん検診の話をしてまして

 40代の女性で、子供も成人させているのに
 お乳が片方無くなると言って泣いていたそうです。


 もうお乳をやる必要もないし
 若い頃のようにセックスをするとも思えないのに

 涙をぽろぽろ流していたと聞いて


 「あ〜、分かるなぁ」

 と思いました。


 杏子は巨乳ではないけど、やっぱり小ぶりでもあって欲しい。
 小さくても、好きな人に愛撫されたいし
 やっぱあるとないとでは違う。


 そう思うと、今お乳が普通にあることがありがたいことなんだなぁ
 って思いました。



 うちの猫は去勢したことをなーーんとも思ってないようですが。
 (彼にとって大事なのは食う・寝る・出す、でしょう)





 ・・・ついててよかったですね。


 そこにあなたのナニが当たり前にあってよかったですね。



 え?小さい?

 普段、皮をかむってる?

 ちょっと早い?



 いやいや、あるんですよ。

 ないのではなく、そこに付いてるんです。




 例えば神様があなたの前に現れて

 「ナニを太く長くして絶倫にしてあげるから、片腕を貰っていくよ」

 と言ったらどうします??


 それでも、ナニを立派にしたいですか?




 コンプレックスとは怖いもので、これでも「うん」と言ってしまう人が
 いるかも分かりません。


 でも、考えて欲しいのは


 好きな人を抱きしめる2つの腕があるということは
 ものすごく幸せなことなんですよね。

 (女性は抱きしめられると、至福の感情を抱きます)





 今自分が持っているものを自分が好きになってあげなくて

 どうして人を好きになれるのかなぁと思います。



 女性はそんなところをポイントに置いているのではありません〜。



 ポイントを置くのは、いろいろあるけどまずここ。


  ▽女性がセックスであなたに求めるもの
     〜性コンプレックスはあなたのココロの中にある〜

   http://my.formman.com/form/pc/Y5ISZaN0y8Bssg1K/


 この無料レポを読んでいただいた方なら分かると思いますが
 女性を抱く、という意味はこういうことなんですよね。




 女性は「嫌いな男性」には抱かれません。

 「いいな」と思う男性にだから抱かれるんですよね。




 この「いいな」をどう発展させていくか。


 杏子は自分にあるものを好きになれない男性は
 この発展は難しいと思っています。




 杏子なら、好きな男性が

 杏子とのセックスを気持ちいいと言ってくれて

 杏子で果ててくれるということが、すんごく嬉しいです。



 女性は基本は

 「どんなセックスをするかじゃなくて
 誰とセックスをするか」

 が大事なんですよね。



 テクニックに走る前に、
 今あなたに付いているソレを自分が大事に思ってやらないと

 あなたの身体の一部でありながら
 あなたの思うようになんてならないんじゃないかなぁ。

 


 こうして色々書いていると
 伝えたいことがたくさんあって、うまく書けないこともあるけど

 やっぱいつも思うのは

 自分のことを好きになれる人が、運を上げられる人だな〜ってこと。



 運を真剣に上げてみます?  

 

   http://www.kyoko-nesan.com/url/file/hiden1.html



                          by 杏子

 
 
 

 【杏子ネェサンのつぶやき】


 一夫多妻制の国は、男性がどの奥さんも満足させられるように
 色々と精力になるような食事とか気をつけてるらしいですが


 なにかで読んだことがあるんですね。


 「奥さんがたくさんいると夜が大変ですね。
 かなり自信を持っておられるのでは?」

 という質問に夫は

 「たくさんの奥さんたちを満足させるためには
 身体のテクニックより、心のテクニックが必要なのさ。
 俺のはいたって普通だし、自慢できるほど絶倫男でもないよ」

 と答えてました。

posted by 上月杏子 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不倫という蜜の味に隠されたもの

 まず杏子が聞きたいのは
 「あなたが既婚で、不倫をしたいのか
 それとも相手に既婚の女性を求めているのか」
 ということです。


 杏子は不倫を勧めもしませんし、否定もしません。


 恋愛って、方程式のように明確な答えなんてないですものね。
 ただ、不倫って例えば「.」と「,」の小さな違いで送れなくなる
 メールアドレスのように

 お互いの意識の差の小さなことで、思いもよらなかったことになりかねない
 ということが多いような気がします。


 杏子の友人で不倫ばかりする子がいるんですね。



 彼女は独身(正確に言うとバツイチ)で、相手が既婚者です。

 出会うのは出逢い系サイトのようです。



 そういう恋愛はしんどいと分かっているのに
 どこかで割り切ったフリをしてるんですね。


 不倫の恋愛は、ツライという蜜の味があり
 それがより恋愛らしい、というような麻薬のようになっているみたいです。


 相手も、奥さんの目をすり抜けて来る訳ですから
 時間は貴重なわけです。

 なので、短い時間だけど「恋してる」という実感を持てるのですね。



 ただ、逢えない時間はかなりツライみたいで
 よく寂しさを紛らわそうとして、またバカなことをしています。



 彼女は自分に自信が持てない。
 自信がない自分だから、ハンデのある恋愛でいいと
 自分で自分をつらい、しんどいという場所に置こうとするんですね。


 杏子の友人のように、自分に自信がないから
 普通の恋愛という土俵で恋をすることすら怖くて出来ない

 という人も多いような気がします。


 こんなこと続けてたらダメって思うのに
 短い時間で燃えることが出来て

 初めから実らないと分かっている恋愛の方が
 実は気楽だったりするんですね。


 ダメになったとき、自分のコンプレックスのせいにしなくても
 いいからです。

 「彼(彼女)には奥さん(ダンナさん)がいるから」
 という立派な理由が初めからあるんですから。




 不倫に限らずとも、どうも恋愛がうまくいかないとか
 いつもこのパターンの恋愛になるとか

 うまくいかないスパイラルを作っているのは
 実は自分が原因であることが大半だということを

 今日はちょっと伝えたくなりました。




 コンプレックスを持っている人は
 うまくいかない恋愛をあえて選んでしまっている、ということ多くないですか?



 でも、杏子はこれを頭から否定するつもりはありません。


 だってね、うまくいかないと思うような恋愛って
 傷つくことはたくさんあるけど、その中から自分が学べることって

 色々あるんですよね。



 学ぼうと思う人なら、なんですが。



 平坦な道よりも、苦難な道の方が人として磨かれる。
 「可愛い子には旅をさせろ」とか
 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」とか言うのは
 そういうことがあるからでしょう?



 そういう苦難の恋愛を選んでしまうのは
 どこかに変わりたい自分があるから

 あえて学べる恋愛をしようとしているようにも思うんです。



 自分が変わったと思えるようになったとき

 あなたの隣に誰がいるのでしょう?



 ただ、性欲を満たすためだけに不倫を希望しているのなら
 残念ながら杏子は何も言うつもりはありません。


 自己責任でお願いします、としか言えません。



 どんな関係においても、よくするも悪くするもあなた次第です。

 どんな関係の恋愛でも



 学べないことがひとつもない恋愛なんてないと思うのです。



 「秘伝の書(一)」購入者さまは第3章をもう一度読んでみてください。

    http://www.kyoko-nesan.com/url/file/hiden1.html

 これを読んで、それでもまだ不倫をしたいというのなら

 杏子は止めません(笑)


 それはきっとあなたにとって必要だから、そう願うのでしょうから。





 期間限定。


 これが不倫の蜜の味です。




 ある人がこんなテクニック?を言ってました。

 「ヤリたかったら”今日しか時間がとれない”と言えばいい。
 そして、その後も追いかけて欲しかったら、もう一人女がいるように
 少しずつ匂わせて疑わせておけばいい」


 まぁ、ある意味当たり(笑)

 


 ただ、そのあと

 「自分に自信のあるイイ男は、こんなテクを使う気にすらならない
 みたいだけど」

 と言ってました。(深いですな・・・)




 期間限定はハラハラドキドキ。

 さて、その向こうにあるものは一体なんでしょうね?




                          by 杏子

 【杏子ネェサンのつぶやき】


 どーも一度不倫をしてしまうと

 不倫体質になる人が多いらしいですね〜。


 不倫って

 「自分はこんなに寂しかったんだ」

 って気が付いて、余計に人肌が恋しくなる行為だと杏子の友人は言ってました。


 明るい割り切り不倫の先には何があるのかなぁ〜?

 と杏子も考えてしまいました。

posted by 上月杏子 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

大人のドッキリバレンタイン!?

 あら。

 明日ってばバレンタインですね〜。



 バレンタインと言えば・・・



 当日彼にメールを送り

 「今日、お届けものがあるからね」


 当然彼は、バレンタインだしチョコが届くのだろうと思い帰ってきたら

 杏子が立っていた(笑)



 そうなのです、お届けモノとは杏子のことだったのでっす♪



 杏子は結構、こういうドッキリみたいなことをするのが
 好きです(* ̄m ̄)


 されるのも大好きだけど♪

 でも、女の子だったら皆好きじゃないかなぁ・・・★




 ”私だけが彼にとって特別”

 というのを感じるサプライズというのは、妙に嬉しいものです。



 これは杏子の友達の実際にあったお話で
 彼女がとっても嬉しそうだったのが印象的だったのと

 コイツ、やりよるな・・・(笑)

 と思ったので、とても記憶にあるのですが



 ふつー、バレンタインって男性が貰う日ですよね。


 お返しは一ヵ月後のホワイトデー。

 なので、チョコをあげる女性の方も、当日は自分はあげる人になって
 「どうやって渡そうかなぁ」
 とか色々考えているわけなのですが・・・


 友達は、義理チョコだったらしいんですが
 同じ会社の同僚にチョコをあげたんだそうです。

 義理なので、思いっきり「義理です」と分かるようなものだったとか(笑)



 ところが、その同僚の男性、会社の封筒を彼女に渡して

 「これ○○ちゃんから貰えたら渡そうと思って用意してたんだ〜。
 渡せることになってよかったわ〜」

 と言って

 「あ、これ○○ちゃん以外には渡してないから
 他の子には黙っててな!」

 とコッソリ言って逃げるように去っていったとか。



 開けてみると、携帯のストラップにカードが付いていて
 彼の携帯のアドレスにメッセージが書いてあって

 「よかったらメル友になってよ」
 とサラリと書いてあったそうです。


 とりあえず、お礼をメールしたら
 そのまま食事に行くことになって・・・



 というものなのですが。


 ポイント分かりますか?


 ●ホワイトデーにあえて渡さないことで、他の人よりも印象付けられた。

 ●特別扱いなんだ、と認識してもらえた。

 ●高価すぎないプレゼントが逆に警戒心を与えなかった。

 ●「メル友」からなら別にいいか〜、と気楽に思ってもらえた。


 ということなのだと思われます(*^_^*)



 人それぞれ、それまでの経緯とか色々あるので
 全員がこれで成功しますなんて言いませんが


 人とちょっと違ったことをする、というのは相手に自分を印象付けるには
 とても効果的だと思います♪




 基本は「喜ぶ顔を見たい」と願うひとつの気持ちからです。

 そういう気持ちからは、またステキな気持ちが生まれてくるものです♪




 あなたにとってステキなバレンタインになりますように★






                          by 杏子




 【杏子ネェサンのつぶやき】


 バレンタインって中学・高校の頃が一番楽しみなイベントだったなぁ。

 大人になって、色々余計なことを考えるようになって
 素直に純粋に

 好きな人に気持ちを伝えたい!
 当たって砕けたって構わない!

 という気持ちじゃなくて

 あわよくば・・・

 という気持ちが色々と小手先のテクニックとかを
 考えるようになったのかも(^^;)




posted by 上月杏子 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 女ゴコロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試してみました(笑)

 大反響ですね・・・。


 ▽ たった2週間で簡単にペニスを大きくした「カリ増大術」

       http://fm7.biz/12nn



 実は、どうしてもこの方法でペニスがどうなるのか試したくて・・・


 「試してみました・・・」 ふふふ。


 って、杏子にペニスが生えてきたのではありませんのでっ!!(汗)



 パジャマを着て寝転んでTVを見ている彼を見ていたら
 急に試したくなり・・・彼のモノをごそごそと引きずり出し
 このノウハウに従って、ちょっと試してみました(爆)


 彼はしばらく黙ってされるがままでした。

 意識はTVに飛んでいたと思われます(笑)



 おおぉぉぉ!!!w(゜o゜)w 

 こ、こ、これはっ・・・。


 た、確かに・・・。



 こういうことだったのねっ!!


 カリが大きく・・・なってるやんっ!!(驚)



 「おい・・・」

 (夢中でノウハウを試している杏子)

 「おいっ・・・」


 べしっ!!! ←頭を叩かれた音。


 「お前は何してんねんっ!??
 加減せんかっ!アホッ!!」


 自分についていないので、感覚が分からず
 効果が出ているそれを見て、思わず力んでしまったのが原因らしい(爆)


 ちょっと興奮気味に

 「あんな、あんな、この前こういうノウハウを読んで
 すっごい試してみたかってん♪」

 と言うと、

 「これ以上立派にしてどないしようって言うんや?」

 と言われました。(彼は非常に自信家です^^;)



 ちょっと想像して照れてしまった杏子でした。←おいおい。

      http://fm7.biz/12nn
 


posted by 上月杏子 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めノウハウ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペニスのカリの凹凸を手にいれる方法

 「男性性器神話」・・・・・・



 「太い」「長い」ペニスだったら、自分の人生はどんなに違ったものに
 なっただろう・・・



 なんて思っている男性ってかな〜〜〜り多いんですよね。


 クレオパトラの鼻の高さじゃないけど・・・
 気持ちはよっく分かります。




 でもね、今までもずっと杏子は言い続けてきたと思うんだけど
 「男は性器じゃな〜〜〜〜〜いっ!!」
 っていうのは、今でも当然思ってるわけです。


 でも・・・


 そうは言っても、出来るなら自信を持てるペニスになりたいって
 思っている男性はめちゃめちゃ多いんですよね。



 杏子は女性だから精神面とテクニック面で導いてあげることは出来ます。

 でも、あなたのペニスをどうこうなんてのは出来ないんです。
 残念だけど・・・。




 でもっ。


 太さ、長さを変えるのは「医学的に不可能」なんですけど・・・

 「カリ」の凹凸の差を大きくする・・・いわゆる「カリ」が張った
 というのかな、そういうペニスにする方法があったんですよね。


 女性の立場から言わせてもらうと、「太い」「長い」はあんまり関係ない
 というか、下手すりゃ「痛み」に関係するのよね。

 太くて挿入時に痛い、長くて突かれたら痛いとか。


 でも「カリ」に関しては・・・感じるように出来てるって思う。



 江戸時代に男性性器の誉れ高いのは「紫色雁高」って言われてて
 それってよく使い込んだ、亀頭の大きなモノってこと。


 つまり「カリ」が張ったってことよね、




 実は・・・簡単な方法で「カリ」が張ったペニスに変えられるらしい
 んですよ。

   http://fm7.biz/12nn



 ほんとかよ?って思ったんですが、読んでみたらほんとに簡単。
 しかも、結果を実証済みというから確かですよね。



 残念なことに杏子にはソレがついてないため
 自分で実験することが出来ませんでした(汗)

 (実験してみたかった・・・・)



 でも、これを手に入れた男性は、杏子が応援する

 ★「性コンプレックス」を克服して男として自信を持った人生にしてもらう!


 というひとつの関門をくぐり抜けることが出来るのでは・・・(≧∇≦)



 と思いました。


 精神面もテクニックもすっごい大事!!

 やっぱいくら「カリ」が張ったペニスを手に入れたって
 精神面でダメダメだったり、テクニックがダメダメなら効果も半減。



 セックスは相手があって成り立つ行為だということを忘れないで欲しいなって
 思います。


 そういったモノを先に手に入れるか、こういう方法で少しでも立派なナニを
 手に入れるか、という問題だけではあるけれど


 どちらも手に入れたとき、ほんとうにステキな男性になれるんだと
 杏子はやっぱり信念を変えません(笑)



 
 ▽ たった2週間で簡単にペニスを大きくした「カリ増大術」

       http://fm7.biz/12nn








                          by 杏子


 【杏子ネェサンのつぶやき】


 男性のアレって、うまく形が出来てますねぇ・・・

 ちゃんと挿入しやすいようになってるなーーと
 妙な感動を覚えたことがあります(笑)


 で、カリの本来の役目って精子が女性の体内から
 こぼれないように栓をする役目だって聞いたなぁ。


 そう聞けば、それも納得かも。




posted by 上月杏子 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 杏子流セックス論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいも悪いも思い込みパワー!!

 先日、杏子の弟分の仲の良い男性と飲みに行ってました♪
 彼は「ネェサン、ネェサン」って言って親しみを持ってくれてて
 なぜか非常にウマがあう(笑)


 この弟分、なぜかモテモテなんですわ・・・。
 「これ待ち受けに使ってください〜」とかって携帯に写真を送ってきたり
 するとかで、その写真見せてもらったら


 「萌え〜〜〜!!!」


 なカワイイ女の子・・・。
 なんでもモデルらしい。


 ゴメン、思わずキミと携帯の画面を見比べてもーたわ(爆)


 そう、彼は決してイケメンではありません。
 背もそんな高くありません。
 惚れ惚れするような体格でもありません。
 一見、フツーのどこにでもいる30代のサラリーマンです。



 だけど、自分自身に自信を持ってるんだなというのが
 言葉や態度からすっごい分かります。

 雰囲気があるんですよ。


 今日も若いおねーちゃんとサシで飲むって言ってました。
 予約いっぱいらしいです・・・。
 
 

 

 さて、その弟分と飲んで話していたことで思ったことがあります。


 女性と付き合うにはプロセスがあるということ。


 出逢いに始まって、個人的に付き合う、またはセックスする・・・。

 男性に多いのは、セックスするまでのプロセスが一番楽しい、
 ということ。

 ここの男性の執念やるや、女性では理解出来ない部分もあります(笑)


 そして、目標がセックスになっていることが多い。
 セックスがゴールになっているんですね。


 で、この弟分はサラリと言ったんです。


 「セックスってゴールじゃなくて、スタートでもあるんだけどなぁ」




 ・・・・・・・・・・( ̄0 ̄)!!



 うんうん。

 女性ってセックスはゴールじゃなくて、スタートって思う人の方が
 多いと思う!


 なんか、結婚みたいやけど(笑)


 セックスした後が勝負と言ってもいいかも知れない。


 だけど、セックスするためにはどうしたらいいかとか
 セックステクニックはどんなのがいいかとか

 そういう情報はめっちゃ多くて探すのにも苦労しないけど
 (逆にありすぎて、どれがいいのか迷うくらい^^;)



 セックスした後、

 どうすればその女性のココロもカラダも離させない自分になれるのか
  とかってことのほうが大事じゃない?



 って話をしてたんですよ。


 セックスすることが目標で女性と出逢い
 セックスで「自分が」満足するためのテクニック・・・

 女性をイカせるとかって情報は、結局自分が「男として満足」するための
 自己満足なんだと思うんですよね。



 女性の気持ちををどうこうするってことは、
 他人をコントロールしようとしている訳で、

 それは今日は雨だけど晴れにしたいとお天気をコントロールしようと
 しているのと同じくらい難しいことです。


 有効な手段は確かにあるけど、100%じゃない。



 結局どんどん突き詰めて考えていくと、すべては自分に戻ってくる。

 【女性をどうこうしようと考える前に自分をどうするか】

 ってことが問題なわけです。




 性コンプレックスを持っている人は、今回「秘伝の書」を出して
 色々なメールを読ませていただいて、また杏子も気付いたのですが


 「思い込みがキツイ人が多いなぁ」

 ってことです。



 「自分には出来ないと思い込んでいる人」

 「過去に失敗をやらかしたと思い込んでいる人」


 などなどですが・・・



 「コンプレックスを持っているヤツの方が裏を返せば自信家だよ」

 とは弟分のセリフ。


 自然に身に付いた自信ではなくて、
 思い込みによって作られた自信だからこそ、どこかが人より劣っている
 自分が許せないと、また思い込むのだと。



 でも、それほど思い込むことが出来るのなら、
 ちょっとひっくり返せば、自分は出来る、自分はスゴイ男だと

 別の方に思い込むことが出来ると思いませんか?


 今、モテている男性というのは、元々から自信満々だったわけでは
 ないと思うんです。

 劣等感のカタマリだった人が結構多いんですよ。


 これをバネに出来るか、どうか。



 本当の男らしさってこれの積み重ねだと思うんですよ。


 この弟分は、手を繋いだだけで股間が↑↑↑になれるそうです(笑)
 彼の女性に対する考え方、というのはほぉ〜〜と思うことが
 かなりあって勉強になります。

 面白いし(笑)



 なので、今度彼にメルマガ乗っ取って貰おうかなぁとか
 無料レポート書いてくれへんかなぁとか

 密かに考えているのでありました(* ̄m ̄)




 ▽なぜか20代前半の女の子にモテモテ♪の弟分が

  「結局はここなんですよ、全部」と言った部分はこちらで暴露★


         http://fm7.biz/msq







                          by 杏子




 【杏子ネェサンのつぶやき】


 あのオーラの泉にも出ている「美輪明宏」さんも自らの著書の中で
 こうおっしゃっています。



 どのコンプレックスをとっても、自分で「何が原因なのか。
 問題を解決するために、自分は何をすべきなのか」
 ということに向き合っていないと、根本的な解決にならないんですよ。



 深いです・・・。

posted by 上月杏子 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コレをやるだけで外見が変わるとしたら

 今日は、外見についてのお話です。


 杏子はサイトで  http://fm7.biz/msq

 「外見よりも大事なものがある」

 と言っております。


 えぇ、外見よりも大事なものです。
 この土台が出来ると、外見にコンプレックスを持っている男性でも

 なぜかモテてしまうようになっちゃいます。



 でも、ここに大きな落とし穴があるんですよ。


 これは女性にだって言えることなんです。
 そう、一昔前の(いつやねん!)

 杏子も、この落とし穴に落っこちておりました・・・( ̄ー ̄;




・°★・。・。☆・°・°★・。・。☆・°・°★・。・。☆・°・°★・



 外見と聞けば、姿かたちの麗しさ・・・

 と思うのではないでしょうか?



 人によってタイプは異なりますが、自分のタイプの外見ってありますよね。

 まぁ、杏子の場合男性のタイプってコロコロと変わってますが
 それでも、根本的に好きと思う姿かたちはあります。

 何が基準になっているのかは分かりませんが
 あなたにも、好きなタイプってありますよね。



 合コンとか、ナンパとかって
 自分が好きなタイプに行っちゃう人がほとんどだと思いますが

 女性としては、外見が自分のタイプの人じゃなくても
 「あ、ちょっと付き合ってもいいかも・・・」
 と思う男性に共通してあるものがあるんですよ。




 それは

 話すときの姿勢と、会話のときの態度、話し方(声のトーン)。

 あと、笑顔ね。
 素直に笑顔を作れる人はポイント高いです。



 コンプレックスを持っている人は、ここが「好感を持てる」というものから
 まったく逆なことをやっていることが多いんですよ。



 これが、落とし穴。


 「人間、外見じゃないよ。中身なんだよ、中身!」

 という「逃げ」に入ってしまっているんですよね・・・。


 こういう場合に限って、たいていは中身を本気で磨こうなんてしてません。
 持って生まれた外見をどうしようもないから
 そうやって、自分を納得させるために言い聞かせてしまう。


 中身がもちろん一番大事なんだけど
 外見だって大事です。


 だって、人間は第一印象でほぼ決まるというくらいなんですから。



 「けど、親から貰ったこの外見は整形でもしない限りどうしようもないよ」

 という声が聞こえてきますが・・・


 杏子は「作り」のことではなく、第一印象を決定づける「立ち振る舞い」を
 自信ある爽やかな男性っぽく見せることが出来れば

 外見でモテない、というコンプレックスから脱出できる

 思います。

 これだけで、あなたの周りが違ってくるからです。




 杏子の秘伝の書の購入者さまたちに送っている
 「裏メルマガ」では、この辺詳しく配信しようと思っていますが


 「立ち振る舞い」って、見られているのは
 女性だけでなく、男性だって同じです。


 そして、それらをより活かせることが出来るのが
 「内なる自分から放たれるもの」




 ◆ 外見はココロでも作られる ◆



 本日の杏子理論です。





 ちょっと長くなりますが、こんな話を聞いたんですよ。
 (お話 by 杏子のビジネスの師匠)


 「なんか心理学の教授が、なぜ人はうつ病になるのかという研究をしてた
 らしい。

 ずっと、うつ病と診断された人たちを見ていて、あることに気が付いた教授
 は、自分でその気付いたことを実行してみたんだって。

 それは、おしゃれにかまわず、猫背で歩き、顔はうつむき、そして絶えず
 ため息をつくことだったそうなんだけど、その教授は本当にうつ病になって
 しまったそうだよ。

 何もやる気が起きない、自分なんてダメなやつなんだと思うようになって
 ついには教壇に立てなくなってしまったほど。

 その教授は生徒たちによってうつから脱出したそうだけど

 この話から、面白いことが分かるだろ?」



 「・・・仕事が出来る、なぜかモテる、人生が楽しそうって人は
 この逆をやってるんだよ。

 オシャレを楽しみ、背筋を伸ばして歩き、顔をあげて、そしていつも笑顔。


 だまされたと思って、これやってみるといいよ」



 これを教えてくれた人は、いつも人生が楽しそうです(笑)


 あなたが、自分を変えたいと思っているなら

 親からもらった姿かたちをどうにかしたいとか
 モテる極意のノウハウを学ぼうとか

 そんなことの前に、だまされたと思ってこれを心がけてみてください。




 プラス、これが土台になれば、すんごいことになります♪

    http://fm7.biz/msq




 外見はココロからも作られるのですから(*^_^*)



                          by 杏子

 
 
 

 【杏子ネェサンのつぶやき】


 自信のない人の共通点にも、おしゃれにかまわず、猫背で歩き、顔はうつむ
 き、そして絶えずため息をつく・・・

 という現象があると思いませんか?


 ちょっと思い当たるあなたは

 だまされたと思って、これやってみてくださいね♪



 それだけで、あら?なんだかあの人変わったわね
 って思われるものなんですよ〜^^

 




posted by 上月杏子 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がばいばあちゃんに学ぶ「男は総合力」

 杏子は普段滅多にテレビを見ません。

 こちらの意思に関係なく流れてくるテレビからの「人の声」が
 たまらなくうるさく感じることが多いからです。


 ドラマもほとんど見ないんです。
 特に連ドラ。

 毎週決まった曜日の決まった時間が気になるのが嫌なんです(笑)
 中途半端に続きを期待させる終わり方だし〜。


 そんな杏子ですが、この年末年始はめずらしくテレビをよく見ました。



 で、泣きまくってました(^^;)


 その中でイチオシだったのが「佐賀のがばいばぁちゃん」


 映画化もされていますので、ご存知の方も多いでしょう。
 島田洋七さんの少年時代の自伝です。



 その中で、こんなシーンがありました。

 通知簿を貰ったら体育だけが5で、あとは見事に1と2ばかり。
 それを見た友達が
 「そんなの持って帰ったら、親に叱られる」
 と言います。


 ところが、それをみたばぁちゃんは
 「おぉ〜、見事な1と2じゃな」
 と(笑)

 「ばぁちゃんは怒らんのか?」
 と聞くと

 「なんで怒るんじゃ?1と2でも足したら5になる。
 人生は”総合力”じゃ!」



 杏子、見ながら大拍手!(笑)

 んだ、んだ、そうだ〜〜、ばぁちゃんに座布団10枚やぁ♪



 そして、こうばぁちゃんは続けます。


 「人生にはな、2つの教科書があるんじゃ。
 ひとつは学校の教科書、もうひとつは社会の教科書じゃ。

 学校の教科書ばっか出来ても、社会の教科書が出来んかったら
 人として勉強できることにはならん」

 (まったくこの通りのセリフであった保障は出来ませんが
 こんな意味の内容でした)



 どうです???


 大人の私たちが聞いても、とってもジーーンときませんか??



 杏子はこれを見ていて「性コンプレックス」も同じだと思いました。

 「男としての総合力を磨く」
 というのが何よりじゃないのかと。


 セックスという教科がズバ抜けて出来たとしても
 他のことが人として出来ていなかったら

 どんなにセックスがうまかろうと、女性に本当にモテるわけがないと。



 まぁ、一時的にだけモテて、チヤホヤされたかったら
 セックスの教科と、オシャレの教科と、上っ面だけの言葉マジックを
 覚えておけばいいでしょうけどね。




 あ、あとね

 試験勉強をしようとしていたら、ばぁちゃんが

 「あんまり勉強するな、くせになる」

 って言うんですよね(笑)



 これも同じです。

 勉強しようとAVとかばっか見てるとくせになります(笑)

 AVは勉強するためのものではなく
 「娯楽」です。

 男の「娯楽」!!



 こういうものと自分を絶対に比べないように!!


 「総合力」を持った男性は、唯一無二の自分になれます。

 他の誰もあなたの変わりなんて出来ないし
 誰もあなたにはなれません。


 そうなったときに真の男としての人間が問われるのではないでしょうか。



 女性をセックスの対象にしか見れない男性は

 女性からもセックスの対象にしか見られていません。


 セックスなんて、やろうと思えば誰とでも出来ます。
 下半身なんてどうにでも繋がれます。


 でも、それだけでは先が見えてますよね。



 上半身にこそ、大事なものがあります。
 それは精神や魂。



 女性をセックスで気絶させたり、泣かせたり
 身体が離れられなくなるようなセックスをすることを最終目標にすると



 上半身にある本当に大事なものが見えなくなってくる。



 あなたが性コンプレックスを持っているなら
 それはこの上半身に鍵があるんです。


 まずは、ここに気付いてから。 
    http://fm7.biz/msq



                          by 杏子

 
 
 

 【杏子ネェサンのつぶやき】


 がばいばぁちゃんの大ファンになってしまった杏子♪


 ちなみにうちの亡くなったじぃちゃんも
 「がばいじぃちゃん」でした。


 そんなじぃちゃんの格言をば。



 「知識は本を読めば身に付く。金持ちも貧乏も、同じ知識が得られる。
 でもな、知恵は自分が経験しないと身に付かん。
 知恵は勇気を持って行動した者にしか付かんのじゃ」



 これって、人生にある2つの教科書の話と同じですよね^^






posted by 上月杏子 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

●●出来るオトコはカッコいい

 先日、元パートナーとどうしても話をしないといけないことがあり
 何年かぶりに顔を合わせて話をしました。

 元パートナーはご存知のように

 「非常に強い性コンプレックス」を持っている人です。



 話していて思うことがありました。


 彼はまったく変われていなかったのです。

 

 とっても杏子は寂しいというか、悲しい・・・そんな気持ちになりました。



 まず、オーラがドロドロした感じなんですね。
 目に輝きがない。

 話していて、急にしょげるかと思えば
 急に怒り出す。



 彼は今現在、自分の置かれている状況に不安と焦りと恐怖で
 固まってしまっているようでした。


 仕事がうまくいかない・・・。

 それは聞いていると彼のせいじゃないんです。
 彼は出世コースに乗っています。
 でも、会社の都合で彼の思うようにならないことが続いているんですね。


 なのに、それらすべてを

 「自分がふがいないからだ」

 と自分を責め続けているんです。


 以前の彼とまったく変わらない考え方、思考でした。



 そして、ひとつの決断をしないといけない状況にも関わらず

 ラクな方に逃げたくなっているというのがありありと分かりました。



 人は誰だって生きていれば色々な選択を迫られる時があります。

 決断していかないといけないんです。


 生きるということは「決断する」ということの連続です。

 大げさかもしれませんが、「決断する」ということが「生きる」という
 ことだと言ってもいいかも知れません。



 女性より男性のほうが人生において決断せねばならない場面に
 出会うと、ものすごく物事を大きく捉える人が多いですね。

 これは「男だから」ということが頭の中にあるのだと思います。


 そして、女性は「決断できる」男性をカッコいい、頼れると思います。
 「決断した結果」で判断しません。



 この「決断」は決して他人にほめられたり、認められるために
 行うものではないんです。


 「決断」には「いい決断」と「悪い決断」の二つしかなくて
 この「決断」を繰り返していくことで、


 『自分に自信を持っていく』ようになります。


 コンプレックスを持っている人は、この「決断する」という部分を
 あいまいにして生きていることが多いんですね。


 「これ以上傷つきたくない」
 「これ以上悪くなりたくない」

 そんな気持ちが決断を鈍らせ、狂わせてしまうのです。


 なので、なかなか自分に自信が持てないんです。




 ★大事なのは、技術やノウハウよりも心構え(メンタル・マインド)★


 これは、ビジネスにおいてもですし
 すべてのことに言えることです。




 杏子がなぜ「セックスコンプレックス」と言わずに「性コンプレックス」と
 言うか・・・。


 男性という性を受けたために持ってしまう男性としての
 コンプレックス全般をクリアにして欲しいと思ったからなんですね。

 もちろん、同じように女性だって女性だというだけで持ってしまう
 「性コンプレックス」があります。


 杏子もそのカタマリだったんですけどね(^^;)



 こういう「性コンプレックス」に囚われていると
 気持ちのコミュニケーションも満足にとれないし

 ましてや身体のコミュニケーション(=セックス)に大きな影響を
 与えてしまいます。



 でも、これって誰も「持っていろ」と命令したわけでもなく
 なぜか自分がずっと持っているんですよね。

 本当は「手放してもいい」のに・・・。



 その「手放し方」を「秘伝の書」にて杏子がお伝えしています。
 
  http://www.kyoko-nesan.com/




 その「秘伝の書」に、恋愛家庭教師の有末やよいさんからメッセージを
 いただきました♪



ここから---------------------------------------------------

「杏子ネェサン秘伝の書(一)」ってことは
「秘伝の書(ニ)」もこの後、出てくるんでしょうね(笑)

うん。なにしろ、テーマが「性コンプレックス」ですから、奥が深いのでしょ
うね。

男性の性コンプレックス・・・ED・早漏・包茎などの悩み、苦しみは、
有末にはわかりません。ごめんなさい(^_^;)

いや、でも、女性でわかる人のほうが少ないでしょ。
男の人だって、なかなかそんな悩みを人には相談しにくいだろうし。

いつも赤裸々にセックスについての女性の本音を語ってくれている
杏子ネェサンは、そんな男性の苦しみがわかる、数少ない女性です。

彼女は性コンプレックスで苦しんでいる男性と、長い時間を共に過ごし、
そのことで彼女自身も傷ついた経験を持っています。

だから、彼女の書いたこの「秘伝の書(一)」を読んで、
そしてこの言葉を見て、じ〜んと感動しました。
  →「わがままでいいんですよ。頑張れ!男性諸君!」

あなたも杏子ネェサンの「愛」で性コンプレックスを克服して、
ハートフルなセックスを!

-------------------------------------------------------------



 「ハートフルなセックス」♪


 女性が好きなセックスです(*^_^*)



 いらないものは持ってなくていい。
 手放しちゃいましょう!

  http://www.kyoko-nesan.com/



                          by 杏子



posted by 上月杏子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性へメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。